ソロモン諸島における民族紛争が青少年の心に及ぼす長期的影響  [in Japanese] The Long-Term Psychological Impact of Ethnic Tension in Adolescents of the Solomon Islands  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 内海 孝子 UTSUMI Takako
    • 神戸大学大学院医学系研究科 Department of International and Environmental Medical Sciences, Kobe University Graduate School of Medicine
    • 中澤 港 NAKAZAWA Minato
    • 群馬大学大学院医学系研究科 Department of Socio-Environmental Medicine, Gunma University Graduate School of Medical Sciences
    • 川端 眞人 KAWABATA Masato
    • 神戸大学医学部附属医学医療国際交流センター International Center for Medical Research and Treatment, Kobe University School of Medicine

Abstract

<b>目的</b><br>災害体験はそれ自身による心理的影響のみならず、慣れ親しんできた環境の喪失等による二次的な影響ももたらす。特に青少年では、心的外傷後、高頻度でPTSD(Post-traumatic Stress Disorder)を起こし、その影響がより長期化することも知られている。本研究では、ソロモン諸島の民族紛争の終結後5年経過した時点の青少年において、PTSDの遷延化がどの程度認められるかを把握し、その要因について検討することを目的とした。<br><b>方法</b><br>2006年、ガダルカナル島の2地域とマライタ島において高校生等199名を対象に半構造的インタビューを行った。質問項目は対象者の基本的属性、紛争の被害状況、紛争に関連する感情であり、調査時点でのPTSD症状に関してはIES-R(Impact of Event Scale Revised)を使用した。更に対象者を、「紛争発生時住んでいた場所」により3地域(A、B、C)に分類し、IES-R成績とその要因について検討した。Aは紛争の被害が甚大であった地域、BはAに準ずる被害を受けた地域、Cはガダルカナル島から多数の避難民が流入したマライタ島である。<br><b>結果</b><br>物理的被害が甚大であった2地域(A、B)では、紛争に関連する感情が有意に認められた。特にAでは、男女間における被害の程度に差はないが、紛争に関連する感情は男子に有意に出現し、IES-R得点も男子に有意に高値であった。IES-R得点はそれぞれ33.4点(A)、30.0点(B)、34.5点(C)であり地域差は認められないが、他の災害時における得点と比較し高値を示した。<br><b>結論</b><br>民族紛争後5年経過した時点におけるIES-R得点は3地域共高値を示し、ソロモン諸島の青少年におけるPTSDの遷延化が示唆された。PTSDの遷延化に影響を及ぼす要因として、紛争に対する感情の強さ、家族及び知人との別離と長期的な避難所生活の経験、及び性差が考えられた。

<b>Objective</b><br>The purpose of this study was to assess the psychological impact and associated factors in adolescents 5 years after the ethnic tension in the Solomon Islands. <br><b>Methods</b><br>In total, 199 high school students and villagers from Guadalcanal province and Malaita province participated in this study. To examine the psychological impact of the ethnic tension, a semi-structured interview was performed using a questionnaire and the Impact of Event Scale Revised (IES-R) for posttraumatic stress disorders (PTSD) symptoms. The participants were divided into three groups according to the places (A, B, C) where the participants lived at the beginning of the ethnic tension. <br><b>Results</b><br>Recalled emotions of traumatic experiences were significantly more severe in the most affected areas (group A, B). Although previous studies showed females are more emotionally impacted than males in disaster, the emotional impact was significantly more frequent in males than females in this study. Especially, the IES-R score was significantly higher in males of group A. No differences were found in the IES-R scores among the three groups; A: 33.4, B: 30.0, C: 34.5. The adolescents in this study had higher IES-R scores.<br><b>Conclusions</b><br>This study indicates that the PTSD symptoms of the adolescents have persisted for 5 years after the ethnic tension in the Solomon Islands.

Journal

  • Kokusai Hoken Iryo (Journal of International Health)

    Kokusai Hoken Iryo (Journal of International Health) 22(2), 89-94, 2007

    JAPAN ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL HEALTH

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004471790
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0917-6543
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top