蕁麻疹にかんする経験:—Histaglobin治療の100症例について— Clinical Experiences on Urticaria:—With Particular Reference to 100 Patients Treated with Histaglobin—

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

抗ヒスタミン剤を中心とした抗アレルギー剤治療にて調節しえない蕁麻疹症例はかなりの数にのぼる。今回, それらの難治性のあるいは遷延化した蕁麻疹症例にたいして使用したHistaglobinの効果を明らかにする目的で100治験例の治療経過の分析を試み, 治療の目安ともいうべき2, 3の集計結果をえたので報告すると同時に, Histaglobinの作用機序についてもいくらかの考察を試みた。結果1) 明かな改善がみられた92症例中88例(95.7%)に4本以内の注射で効果がみられた。2) 93症例について調べた総注射使用本数は, 39例が5本以内, 30例が6~10本以内であつておよその必要本数が明らかにされた。3) 以上を総括すると有効90例, やや有効4例, 無効0, 経過不明6例であつた。4) 忌むべき副作用はまつたくみられなかつた。

In regard to 100 patients of urticaria treated with Histaglobin, vials of Histaglobin which were used till healing or showing effectiveness practically, and total vials used in course of treatment were examined in number. Results obtained were as follows. In 92 patients whose total vials used were numbered, 28 patients (30.4 %) with a vial, 26 patients (28.2 %) with 2 vials, 19 patients (20.6 %) with 3 vials and 15 patients (16.3 %) showed apparent effectiv eness with 4 vials respectively. On the other hand, it was also confirmed from the data examined in this study that the approximately necessary vials for treatment were in between 3 and 7 vials.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科

    西日本皮膚科 36(4), 559-567, 1974

    日本皮膚科学会西部支部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004472205
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-9784
  • NDL 記事登録ID
    7602210
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-69
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ