ミノキシジル外用剤の男性型脱毛症に対する臨床的有用性の検討 カロヤンSとの治療効果比較試験:—カロヤン<SUP>®</SUP>Sとの治療効果比較試験—  [in Japanese] Study of the clinical availability of a minoxidil external preparation for male alopecia.Therapy effect comparative test with Karoyan S.  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

ミノキシジル外用剤の男性型脱毛症に対する臨床的有用性を検討する目的で, カロヤン<SUP>®</SUP>Sを対照薬剤に選び, 電話割り付け法により群間比較試験を行った。<BR> (1)208例が登録され, 201例を概括安全度解析対象とした。<BR> (2)全般改善度ではミノキシジル群で「中等度改善」以上が30.4%(24/79)であったのに対し, カロヤン<SUP>®</SUP>S群では12.8%(10/78)で有意差をもってミノキシジル群が優れていた(P=0.002)。なお, 委員会判定では有意差を認めなかった。<BR> (3)概括安全度では, 両群間に有意差は認められず, ともに問題となる副作用および臨床検査値の異常変動はみられず安全性は高いと考えられた。<BR> (4)有用度では, ミノキシジル群で「かなり有用」以上が17.3%(14/81)であったのに対しカロヤン<SUP>®</SUP>S群では7.7%(6/78)で, 有意差をもってミノキシジル群が優れていた(P=0.006)。<BR> 以上の結果から, ミノキシジルは男性型脱毛症に対して有用性の高い外用薬剤と判定された。

Journal

  • Nishi Nihon Hifuka

    Nishi Nihon Hifuka 54(5), 1009-1024, 1992

    Western Division of Japanese Dermatological Association

Codes

Page Top