波浪作用下における粘性土地盤の応答と安定解析手法の適用性について  [in Japanese] Study on Response of Seabed and Applicability of Stability Analysis Method under Wave Loading  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 安部 太紀 ABE Taiki
    • 広島大学大学院工学研究科 Department of Social and Environmental Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima University
    • 土田 孝 TSUCHIDA Takashi
    • 広島大学大学院工学研究院 Department of Social and Environmental Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima University

Abstract

近年,浅瀬や干潟のような水深の浅い場所において,粘土を含む軟弱な底泥上を強い波浪が進行する際に,部分的な含水比減少・せん断強度増加箇所の発生,細粒分が減少するという物性変化が底泥において発生することが確認されている。これらの物性変化は波浪が作用する時に底泥表面に発生する亀裂が大きな要因であると考えられ,さらに亀裂の発生は底泥表面に作用する水圧勾配が周期的に変動することが原因であると考えられる。本論文では,底泥および波浪の条件が異なる波浪作用実験を数ケース行い,亀裂と物性変化の関連性について検討を行った。さらに,使用した粘土試料のレオロジー特性を調査し,底泥の安定性,つまりは亀裂の発生を評価できるとした円弧すべり安定解析法<sup>1)</sup>への適用を検討した。波浪作用実験の結果から,亀裂発生と物性変化に関係があることを確認した。また,レオロジー試験から求められる粘土の降伏値が底泥の動的強度であると考え,円弧すべり安定解析を行って得た安全率は,波浪作用下の底泥の安定性をよく表現することがわかった。

It was known that a part of clayey seabed show a remarkable reduction in water content, increase of shear strength and the washout of fine contents under strong waves. A series of wave loading tests was carried out and the stability analysis was adapted to evaluate the stability of the seabed. It was found that the occurrence of crack is clearly related the property change of seabed, and that the safety factor was calculated by the stability analysis of circle slide with the yield stress of seabed as the strength gave a good explanation on the instability of seabed.

Journal

  • Japanese Geotechnical Journal

    Japanese Geotechnical Journal 7(1), 351-360, 2012

    The Japanese Geotechnical Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004482893
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top