カラタチ由来の CTV 抵抗性遺伝子をカンキツ属に戻し交雑で導入するために役立つ DNA マーカーセット PCR Primers for Marker Assisted Backcrossing to Introduce a CTV Resistance Gene from Poncirus trifoliata (L.) Raf. into Citrus

この論文にアクセスする

著者

    • 太田 智 Ohta Satoshi
    • 静岡大学農学部|農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 Faculty of Agriculture, Shizuoka University|Okitsu Citrus Research Station, National Institute of Fruit Tree Science, NIFTS
    • 遠藤 朋子 Endo Tomoko
    • 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 Okitsu Citrus Research Station, National Institute of Fruit Tree Science, NIFTS
    • 島田 武彦 Shimada Takehiko
    • 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 Okitsu Citrus Research Station, National Institute of Fruit Tree Science, NIFTS
    • 藤井 浩 Fujii Hiroshi
    • 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 Okitsu Citrus Research Station, National Institute of Fruit Tree Science, NIFTS
    • 清水 徳朗 Shimizu Tokuro
    • 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 Okitsu Citrus Research Station, National Institute of Fruit Tree Science, NIFTS
    • 國賀 武 Kuniga Takeshi
    • 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 Okitsu Citrus Research Station, National Institute of Fruit Tree Science, NIFTS
    • 吉岡 照高 Yoshioka Terutaka
    • 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 Okitsu Citrus Research Station, National Institute of Fruit Tree Science, NIFTS
    • 根角 博久 Nesumi Hirohisa
    • 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 Okitsu Citrus Research Station, National Institute of Fruit Tree Science, NIFTS
    • 吉田 俊雄 Yoshida Toshio
    • 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 Okitsu Citrus Research Station, National Institute of Fruit Tree Science, NIFTS

抄録

カンキツトリステザウイルス(CTV)は,カンキツに重大な被害を引き起こす重要病害の一つである.カンキツ属との交雑が可能であるカラタチ[<i>Poncirus trifoliata</i>(L.)Raf.]は,広範な CTV の系統に対して抵抗性を示す.これまでに,カラタチの CTV 抵抗性をカンキツ属に導入するために育種計画が実行され,中間母本が育成されたことで,経済品種の作出に道が開かれてきた.本研究では,マーカー選抜により効率的に CTV 抵抗性をカンキツ属に導入できるように,CTV 抵抗性に連鎖した 4 つの DNA 選抜マーカーおよび各連鎖群上のカラタチの対立遺伝子を識別する 46 のマーカーを開発した.CTV 抵抗性連鎖マーカー 4 つのうち,1 つは共優性マーカーである Single Nucleotide Polymorphism マーカーで,3 つは優性マーカーの Sequence Tagged Site マーカーであった.これら全てのマーカーで,2.8%の例外を除き,後代における CTV 抵抗性・感受性とマーカーの有無とが一致した.さらに,これらのマーカーは高度にカラタチ特異的であり,検定したカンキツ属 35 の全品種・系統に対して適応可能であった.カラタチ由来の対立遺伝子を排除するための判別マーカーでは,46 のうち 9 マーカーが CTV 抵抗性の座乗する第 2 連鎖群に位置した.また,他の 31 マーカーを残りの 8 連鎖群におくことができた.これらのマーカーは,カンキツ属 35 品種・系統のうち少なくとも 1 つ以上の品種・系統に対し,カラタチ由来の対立遺伝子を識別することができた.本研究で開発されたプライマーセットは,戻し交雑により CTV 抵抗性を様々なカンキツ属系統に導入するためのマーカー選抜に利用可能と考えられた.<br>

Citrus tristeza virus (CTV) is an acute pathogen that causes serious damage to the citrus industry. <i>Poncirus trifoliata</i> (L.) Raf., a sexually compatible species with <i>Citrus</i>, has resistance against a broad range of CTV strains. Breeding programs have been conducted to introduce the CTV resistance gene from <i>P. trifoliata</i> to <i>Citrus</i>, but no commercial cultivar has yet been developed. In this study, we developed four selection markers linked to CTV resistance to enable marker assisted selection to efficiently introduce CTV resistance into <i>Citrus</i>. The four CTV resistance-linked markers were composed of a co-dominant single nucleotide polymorphism (SNP) marker and three dominant sequence tagged site (STS) markers. All four markers were fitted to the progeny and were linked to CTV resistance, with only 2.8% exceptions. We also developed 46 <i>P. trifoliata</i> allele identification markers from alleles of 35 <i>Citrus</i> species. Among the 46 markers, nine were located in linkage group 2, on which the CTV resistance locus is located. We located the other 31 markers on the rest of the linkage groups so that these markers could be used to distinguish <i>P. trifoliata</i> genome regions remaining in the hybrid progenies. The set of PCR primers developed in this study will be useful for marker assisted backcrossing to introduce the <i>P. trifoliata</i> CTV resistance gene into <i>Citrus</i>.<br>

収録刊行物

  • 園芸学会雑誌

    園芸学会雑誌 80(3), 295-307, 2011

    一般社団法人 園芸学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004510722
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    1882-3351
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ