放射性降下物に起因した果樹樹体内放射性核種の分布(第3報)―福島県南地域におけるブドウとモモの樹体内放射性セシウム濃度について―  [in Japanese] Radioactivity Distribution of the Fruit Trees Ascribable to Radioactive Fall Out(III):A Study on Peach and Grape Cultivated in South Fukushima  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 高田 大輔 TAKATA Daisuke
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 生態調和農学機構 Institute for Sustainable Agro-ecosystem Services, Graduate School of Agricultural and Life Science, The University of Tokyo
    • 安永 円理子 YASUNAGA Eriko
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 生態調和農学機構 Institute for Sustainable Agro-ecosystem Services, Graduate School of Agricultural and Life Science, The University of Tokyo
    • 田野井 慶太朗 TANOI Keitaro
    • 東京大学生物生産工学研究センター|東京大学大学院 農学生命科学研究科 Biotechnology Research Center, The University of Tokyo|Graduate School of Agricultural and Life Science, The University of Tokyo
    • 佐々木 治人 SASAKI Haruto
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 生態調和農学機構 Institute for Sustainable Agro-ecosystem Services, Graduate School of Agricultural and Life Science, The University of Tokyo
    • 大下 誠一 OSHITA Seiichi
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 Graduate School of Agricultural and Life Science, The University of Tokyo

Abstract

福島県内の果樹園における,ブドウ,モモ及びそれぞれが栽培されている土壌の,<sup>134</sup>Csと<sup>137</sup>Cs濃度を測定した。ビニールハウス栽培されているブドウ園では土壌と植物体中の放射性Cs濃度は極めて低かった。モモ園の樹体部位別の放射性Csを測定したところ,新梢,葉,果実,根といった部位では低かった。一方で,3年生枝では放射性Cs濃度が高く,特に樹皮で高かった。樹皮の最外層である表皮での放射性核種の存在はイメージングプレートを用いても確認可能であった。

The radioactivities of <sup>134</sup>Cs and <sup>137</sup>Cs in grape and peach trees and the soils where these trees were cultivated were measured in Fukushima prefecture. In grape, the radioactivity in trees or soil was very low owing to cultivation in a plastic greenhouse. In peach, though radioactivity in shoots, leaves, fruits or roots was low, that in 3 years-old branches, was high, especially at the bark. The high radioactivity at outer side of the bark could be found by an imaging plate.

Journal

  • RADIOISOTOPES

    RADIOISOTOPES 61(12), 601-606, 2012

    Japan Radioisotope Association

Codes

Page Top