伊賀市におけるBDF製造によるCO<sub>2</sub>発生量削減試算:CO<sub>2</sub>発生係数による簡易試算の試み  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

BDFに伴うCO<sub>2</sub>削減量試算をCO<sub>2</sub>発生係数によって推定した.BDFの品質は,水分とFAME純度を除きニート基準を満足していた.年間BDFの製造量は8256Lで,これを基礎に削減CO<sub>2</sub>量を試算した.単純計算では21796kg-CO<sub>2</sub>/yが削減,軽油との発熱量換算を実施すると,20381kg-CO<sub>2</sub>/yとなった.BDFの製造試薬(KOHとメタノール)を加味すると,17850kg-CO<sub>2</sub>/yとなった.電力量を考慮すると17436kg-CO<sub>2</sub>/yまで減少した.なお,境界システムを考慮すると,17305kg-CO<sub>2</sub>/yとなった.

Journal

  • Journal of Environmental Conservation Engineering

    Journal of Environmental Conservation Engineering 40(9), 553-558, 2011

    Society of Environmental Conservation Engineering

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004543558
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0388-9459
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top