メリハリをつけて歩くインターバル速歩-その方法と効果のエビデンス- Interval Walking Ttaining for Middle-Aged and Older People: The Effects and the Evidence

この論文にアクセスする

著者

    • 能勢 博 Nose Hiroshi
    • 信州大学医学系研究科・疾患予防医科学系専攻・スポーツ医科学講座, NPO法人熟年体育大学リサーチセンター Department of Sports Medical Sciences, Shinshu University Graduate School of Medicine, Institute of Pathogenesis and Disease Prevention, and Jukunen Taiikudaigaku Research Center

抄録

ヒトの体力は20歳台をピークにその後10歳加齢するごとに5-10%ずつ低下する.そしてピーク時の25%以下になると要介護となり,自立した生活ができなくなる.この体力の低下は主に老人性筋委縮(サルコペニア)と呼ばれるもので,皮膚にしわが寄ったり,頭の毛が薄くなったりするのと同様,加齢遺伝子の仕業と考えられている.大切なことは,この体力の低下と医療費の増加との間に高い相関があることである.最近の運動生理学では,加齢による骨格筋の低下によって,全身の慢性炎症がおこり,その結果,高血圧,糖尿病,肥満などの生活習慣病だけではなく,うつ病やがんを引き起こすと考えられている.したがって,これらの疾患を予防するには,加齢によって失われる体力を「運動トレーニング」で防ぐことが最も効果的である.運動生理学における運動トレーニングの基本は,個人の最大体力の70%以上の運動を1日30分以上,週4日以上実施することである.しかし,そのためには専門の体育施設に通い,専門のスタッフの指導を受けなければならず,一般に普及しにくい.そこで,我々は,より安価で容易に中高年が体力向上を達成できる個別運動処方システムを開発した.この特徴は,1)インターバル速歩,2)携帯型カロリー計(熟大メイト),3)遠隔型個別運動処方システム(e-Health PromotionSystem)である.これによって,体力向上,生活習慣病症状改善,うつ指標の改善,医療費の削減などの効果のあることを5, 200名の中高年者で明らかにした.今後,同システムが歯科予防領域にも浸透することを期待している.

Faced with rapidly aging society, there are no exercise training regimens broadly available in the field to increase physical fitness and to prevent life-style related diseases for middle-aged and older people. We developed interval walking training (IWT) to repeat ≥ 5 sets of a 3-min fast walking ≥ 70% peak aerobic capacity for walking (WVO<sub>2peak</sub>)/ day intermitted by a 3-min slow walking at 40% WVO<sub>2peak</sub>, for ≥ 4 days/wk, for ≥ 5 months. Moreover, to determine WVO<sub>2peak</sub> on individuals and to measure their energy expenditure during even incline walking, we developed a portable calorie meter, JD Mate. Further, to instruct IWT to subjects even if they live remote from trainers, we developed e-Health Promotion System to transfer individual energy expenditure during IWT stored in the meter to a server computer through the internet and to return them their achievements with advices by trainers based on the database on >5,200 subjects accumulated by us, where we confirmed 5-month IWT increased physical fitness and improved the indices of life-style related diseases by 10-20% on average. Thus, since our system is to be run with low cost and less staff for more subjects, it would enable us to develop exercise prescriptions more fitted for individuals. We hope that the system will be broadly used for dental preventive medicine in future.

収録刊行物

  • 日本顎口腔機能学会雑誌

    日本顎口腔機能学会雑誌 19(1), 1-9, 2012

    日本顎口腔機能学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004547544
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9085
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ