4K超高精細映像のための伝送手法の確立 Establishment of Transmission Technique for 4K Ultra High Definition Image

この論文にアクセスする

著者

抄録

2009年7月22日に日本で皆既日食という天体ショーが起こり,様々な組織が皆既日食映像の伝送実験や多彩なイベントを行った.4K超高精細映像の伝送方法について共同研究を行っている朝日放送株式会社(ABC)では大規模なIPネットワークを使用した全天4K超高精細映像の伝送実験を企画し,奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)も参加協力を行った.この伝送実験では,世界初の試みとして,皆既日食が起こっている場所の臨場感を全天4K超高精細映像を使用して可能な限り伝送するという目的で行われ,無事に実験の目的を達成することができた.本論文では,NAIST独自で非圧縮全天4K超高精細映像のLayer 3ネットワークを用いた伝送実証実験を行い,有効な伝送手法として実験を成功させたことについて報告し考察を与えることとする.

We already know that a total solar eclipse show at July 22th 2009 will be one of the most-watched events in our lifetime. There were some kinds of event and trials of video transmission for the total solar eclipse. We were involved in joint research for IP network transmission experimentation of a whole sky 4K Ultra High Definition image between NAIST (Nara Institute of Science and Technology) and ABC (Asahi Broadcasting Corporation). In this paper, we propose the transmission technique based on IP network Layer 3 of the non-linear whole sky 4K Ultra High Definition image and report results of the experimentation. In this experimentation, we could achieve to transmit a liveliness of a location for occurring the total eclipse as possible in ours experiment by using the whole sky 4K as the first in the world. Finally we consider the effectiveness of our proposal.

収録刊行物

  • コンピュータ ソフトウェア

    コンピュータ ソフトウェア 28(4), 318-332, 2011

    日本ソフトウェア科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004549244
  • 本文言語コード
    UNK
  • 資料種別
    journal article
  • ISSN
    0289-6540
  • データ提供元
    IR  J-STAGE 
ページトップへ