地方公共財供給メカニズムの実験的手法による評価  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

自発的支払メカニズムを対象としたframed field experimentを実施し,同メカニズムの現実的なパフォーマンス評価を行う.同時に実際の公共財を対象とした繰り返しCVMを実施することで,現実的な公共財供給メカニズムの評価を行うこととする.その際,固定費用負担比率メカニズムという政治的過程と同様の構造を持つ,公共財供給メカニズムをベンチマークとして導入し,自発的支払メカニズムを評価する.

Journal

  • Journal of Behavioral Economics and Finance

    Journal of Behavioral Economics and Finance 1(0), 53-57, 2008

    Association of Behavioral Economics and Finance

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004554822
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10459901
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13434225
  • NDL Article ID
    6850485
  • NDL Source Classification
    ZD1(経済--経済・経済事情)
  • NDL Call No.
    Z3-B615
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top