幸福度で測った地域間格差  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本稿は,大阪大学21世紀COEが実施したアンケート調査を用いて,所得と幸福度による地域間格差を分析した.まず,幸福度の格差は所得の格差より小さいことを見出した.次に,個人属性に由来する部分を調整した場合,県別での幸福度の差はほとんど解消することを見出した.また時系列でみると,所得格差は拡大したが,幸福度の格差は拡大していないことを示した.

Journal

  • Journal of Behavioral Economics and Finance

    Journal of Behavioral Economics and Finance 2(0), 145-148, 2009

    Association of Behavioral Economics and Finance

Codes

Page Top