汚職許容度の形成要因 An Analysis of Corruption Tolerance

この論文にアクセスする

著者

抄録

グローバル化の進展や財政問題の深刻化により,汚職(corruption)の問題はその重要性が高まっている.しかし,実際の行動は観察困難であり,文化や経済成長との因果関係も決して明確でないため,研究対象になりにくいのが実情といえる.本論文はアジアの中でも汚職が最も深刻とされる国の1つである,フィリピンの個票データを主に分析することで,人々の汚職に対する許容度や意識を考察した.その結果によると,中等教育以上の教育を受けた人々は汚職への許容度が低く,さらに死後の世界といった神秘的な存在を信じる人(信仰心の強い人)ほど汚職の許容度が低いことが判明した.

This paper analyzes the micro-level data to identify the individual characteristics tolerating the bribery behavior in a developing economy. As an attempt to analyze the suspected states of severe corruption, this analysis employs a survey on the people’s recognition and values regarding the corruption in the Philippines. The results are as follows. First, people become more unwilling to justify the bribery if they completed their secondary and tertiary education, compared to the graduates of primary education solely. Second, the believers of a spiritual world, or religiously devout people, are more unwilling to tolerate such misconduct.

収録刊行物

  • 行動経済学

    行動経済学 4(0), 150-154, 2011

    行動経済学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004554887
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ