東北地方太平洋沖地震の強震記録を用いた南海地震の揺れの体験談の解釈法の検討 VERIFICATION OF ACTUAL ACCOUNTS OF NANKAI EARTHQUAKE USING STRONG MOTION RECORDS FROM THE 2011 OFF THE PACIFIC COAST OF TOHOKU EARTHQUAKE

この論文にアクセスする

著者

抄録

著者らはこれまで南海地震の揺れの体験談を多数集めて,震源特性の推定を行ってきた.その際,常に問題となるのが体験談の解釈の不確実性の問題であった.本研究は,南海地震と同じく海溝型巨大地震である東北地方太平洋沖地震の強震観測記録とそれから推測される揺れの体感,さらに実際の体験談を併せて用いることで,昭和南海地震の体験談の解釈の方法について検討を行うものである.例えば昭和南海地震では「揺れが水平動から上下動に変化した」や「揺れが段々激しくなった」という体験談が複数得られ,著者らは多重震源理論に基づき解釈を試みていた.今回,東北地方太平洋沖地震で得られた強震記録を用いて標準的な体感を表す振動レベルを算出したところ,水平動から上下動への変化や揺れが段々激しくなったと体感したと思われる強震記録が複数の観測点で得られていることが明らかになり,これまで著者らが行ってきた体験談の解釈法がある程度確からしいことが確認された.

 The authors have discussed the validity of fault models of the 1946 Showa-Nankai Earthquake based on acutual accounts of people who experienced the earthquake. One problem, which is always evident, is the ambiguity of reported accounts. The 2011 Tohoku Earthquake, which was the same type of subduction-zone type earthquake as the Nankai Earthquake, gave a lot of accurate strong motion records as well as recent acutual accounts of people. Using this valuable information, our study attemps to verify the validity of using first-hand accouts to explain fault models of the Nankai Earthquake.

収録刊行物

  • 土木学会論文集A1(構造・地震工学)

    土木学会論文集A1(構造・地震工学) 69(4), I_861-I_871, 2013

    公益社団法人 土木学会

各種コード

ページトップへ