衛星リモートセンシングによるサロマ湖の結氷状況の推定とその経年変化 MONITORING FREEZING CONDITION AND ITS CHANGE IN THE SAROMA-KO LAGOON BY SATELLITE REMOTE SENSING

この論文にアクセスする

著者

抄録

NOAA衛星の可視近赤外放射計AVHRRを用いて推定した雪氷表面温度(IST)から,サロマ湖の結氷面積の経年変動と気温との関係を調査した.AVHRRから推定したISTはサロマ湖氷上に設置した放射計温度計データから大気中の水蒸気等の補正を加られた.補正ISTから判断したサロマ湖結氷面積の正解率は,MODISの高分解可視画像から求めた.その結果,結氷検知性能は良好で,融解期に誤差があるものの結氷初期の薄氷の検出は可視画像よりも優れていることがわかった.1997-2007年のサロマ湖の結氷率と気温の積算寒度の関係は,12-2月の積算感度との相関係数が0.81と最も高かった.

  Freezing area in the Saroma-ko Lagoon was estimated from ice surface temperature (IST) using the AVHRR sensor mounted on NOAA satellite. The estimated IST and freezing area were validated by comparing with in-situ IST and visible images derived from MODIS mounted on Terra and Aqua satellites. IST showed a good capability to detect thin ice and a weak point in melting season.<br>  Fluctuation of freezing area ratio in the Saroma-ko Lagoon showed a high correlation with freezing index accumulated from December to February.

収録刊行物

  • 土木学会論文集B3(海洋開発)

    土木学会論文集B3(海洋開発) 67(2), I_727-I_731, 2011

    公益社団法人 土木学会

各種コード

ページトップへ