欧州移行諸国における金融危機の影響:IMF支援と資本自由化

Access this Article

Author(s)

Abstract

2008年秋の金融危機以降,EU に新たに加盟した欧州移行諸国は,直接投資および資金流入の激減と急速な資本流出によって打撃を受けている。こうした中,IMF による通貨制度設計、経済調査・分析能力,さらに従来の緊縮プログラムを緊急時の政策として適用することが問題点としてあらわれている。EU 新加盟国は通貨制度,自由化の見直し,資本取引の監視・監督体制の強化をEMU参加の前に再検討する必要がある。

Journal

  • Japanese Journal of Comparative Economics

    Japanese Journal of Comparative Economics 47(1), 59-66, 2010

    Japan Association for Comparative Economic Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004558753
  • Text Lang
    UNK
  • ISSN
    1880-5647
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top