複数メディアを活用したモビリティ・マネジメント(MM)の有効性についての実証研究  [in Japanese] AN EMPIRICAL STUDY ON THE EFFECT OF MOBILITY MANAGEMENT USING MULTIPLE MEDIA  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

MMにおいて複数メディアを活用した大規模なコミュニケーションを効果的に展開していくための知見を得ることを目的として,ラジオ番組,HP,TFPによる情報提供,ならびにその効果を測定するための質問紙調査を実施した.その結果,ラジオ番組およびHPを通じたコミュニケーションにより人々の交通行動と態度が変容する様子が示された.また,ラジオ番組による情報提供をTFPと組み合わせて展開することで,交通行動および態度の変容に相乗的な効果が発生する可能性が示唆された.さらにメディアに接触するきっかけについて,各メディアの接触が他者への口コミを引き起こし,また他者からの口コミが各メディアの接触を促進するという,口コミを介したメディア接触の連鎖構造の存在が示唆された.

This study focuses on communicative measures through multiple media including mass-media. We tried to implement communication thorough radio program, website, travel feedback program (TFP).<br>This study found that communication through each media is possible to promote people's voluntary travel behavior and attitude, and combining multiple communication methods can be more effective together than alone. Relationship between accessing each media was also showed. Contacting each media can trigger a cycle of contacts through word-of-mouth communication.

Journal

  • Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management)

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 68(5), I_1123-I_1131, 2012

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top