東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究 A STUDY ON THE DEITY AND SPATIAL ARRANGEMENT OF SHRINES IN TSUNAMI DISASTER CAUSED BY THE TOHOKU EARTHQUAKE

この論文にアクセスする

抄録

東日本大震災では,多くの神社が津波被害を免れたことが指摘されている.本研究では,日本の神社に祀られる祭神の多様性は,人びとの関心に応じた差異化の結果であるという仮説から,宮城県沿岸部の神社についてその祭神と空間的配置に着目しながら被害調査を行った.祭神については特に,ヤマタノオロチ退治で知られるスサノオノミコトに着目した.スサノオは無病息災の神として祀られることから,洪水や津波といった自然災害時にも大きな役割を果たすと考えられる.また,地域の治水上の要所に鎮座していることが多い.東北での調査から,スサノオを祀った神社,またスサノオがルーツであると考えられる熊野神社は,そのほとんどが津波被害を免れていることを明らかにした.この結果は,地域の歴史や文化をふまえたリスク・マネジメントのあり方について重要な知見を提供する.

 The purpose of this study is to discuss the ways of risk management based on the modern significant ancient wisdom for the "community land management" after the 2011 Tohoku earthquake and tsunami in Japan. In this study, we focused on the location of shrines along the coastal area in order to uncover the "profile of space" accumulated in the heart of community. More specifically, a survey about the location of shrines and the damages caused by the tsunami in the coastal area of Miyagi Prefecture showed that many shrines are located at the exact limit flooded area. And by the investigation of the specific deity of each shrines, we discovered a majority of shrines which have roots in Izumo and Hachiman Shrine escaped from the tsunami disaster.

収録刊行物

  • 土木学会論文集F6(安全問題)

    土木学会論文集F6(安全問題) 68(2), I_167-I_174, 2012

    公益社団法人 土木学会

各種コード

ページトップへ