仮想的市場評価法を用いた鉄道駅へのホームドア設置による安全性向上便益の計測  [in Japanese] ESTIMATION OF SAFETY IMPROVEMNENT BENEFIT BY INTRODUCTION OF PLATFORM SCREEN DOOR USING CONTINGENT VALUATION METHOD  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

近年鉄道駅において,ホームからの転落事故や列車との接触事故が多発しており,利用者の安全確保が喫緊の課題となっている.このような状況を受け,国土交通省は2011年8月にホームドア等の整備促進に関する基本方針を定めており,今後はこれらの施策の事業評価において,利用者の安全性向上効果を計測する必要性が高まると考えられる.そこで本研究では,鉄道駅へのホームドア設置による安全性向上便益について,仮想的市場評価法を用いて計測を試みた.具体的には,東京圏の鉄道利用者を対象にWebアンケート調査を実施し,ホームの安全に対する意識を把握するとともに,ホームドア設置による価値について,提示額に対する賛否を二段階二項選択方式で尋ねた.これらの回答を基に,ロジットモデルを用いて支払意思額を推定し,これに受益者数を乗じることで便益を計測した.

 The objective of this study is to estimate safety improbement benefit by introduction of platform screen door using Contingent Valuation Method (CVM). Questionnaire survey of railway users to understand their perceptions and willingness to pay (WTP) for improvement project was conducted in Tokyo metropolitan area. The results of this study show that railway users recognize the various effects and their WTP is 24.8 yen per one way trip, breakdown for enhancement of safety are 71.9 % of the total. Safety improbement benefit for 30-year is estimated 2212 billion yen.

Journal

  • Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem)

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem) 69(2), I_87-I_94, 2013

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top