数種類の不整脈を示した拡張相肥大型心筋症の1例  [in Japanese] Dilated phase of hypertrophic cardiomyopathy with several types of cardiac arrhythmias  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 大沼 善正 Onuma Yoshimasa
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 安達 太郎 Adachi Taro
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 浅野 拓 Asano Taku
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 小林 洋一 Kobayashi Youichi
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 丹野 郁 Tanno Kaoru
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 菊地 美和 Kikuchi Miwa
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 大西 克実 Onishi Yoshimi
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 川崎 志郎 Kawasaki Shirou
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 宗次 裕美 Munetsugu Yumi
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 伊藤 啓之 Itoh Hiroyuki
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 三好 史人 Miyoshi Fumito
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 渡辺 則和 Watanabe Norikazu
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine

Abstract

2005年3月9日心肺停止,心室細動(VF)にて当院に搬送された.LVEF 32%と著明な心機能低下を認め,拡張相肥大型心筋症(D-HCM)と診断し,ICD植え込み術を施行した.2007年6月11日嚥下誘発性ATでICD作動したため,左房天蓋部起源のATに対しカテーテルアブレーションを施行した.2011年4月8日動悸を主訴に来院し,心拍数が156bpmの心室頻拍(VT)であり心房細動(AF),心不全を合併していた.CardioversionによりVTは停止したが,すぐに再発したため,頻拍予防目的でアミオダロン内服を開始した.4月20日VT再発のため,5月2日VTに対してカテーテルアブレーションを施行した.2005年からの心電図の比較では,QRS幅が経年的に延長し広範な心室内伝導障害が示唆され,QRS幅の拡大に伴い不整脈および心不全イベントが増加した.2011年8月にCRT-Dへupgradeしたところ,心胸郭比の縮小とBNPの低下を認めた.CRTDへのupgrade後,心不全の再発はなく,不整脈も抑制されている.

Journal

  • Shinzo

    Shinzo 44(SUPPL.3), S3_230-S3_235, 2012

    Japan Heart Foundation

Codes

Page Top