東京都心商店街における家族経営型店舗の都市環境変化への対応に関する研究:麻布十番商店街を事例として  [in Japanese] Studies on the adaptation to the changing urban surrounding of family running store located in central Tokyo:A case of the shopping district in Azabujuban  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

開発圧力が高い東京都心部に位置し、一方で家族経営型店舗が多く現存する伝統ある麻布十番商店街に着目し、周辺都市環境が変化し商店街の役割が変化している中で、家族経営型店舗がそれに対しどのように対応し経営を維持しようとしているのかについて整理・分析する。研究の方法としては、商店街内の家族経営型店舗の商店街環境変化に対する対応を把握することを目的とし、各家族経営型店舗の商店主(21名)に商売史と生活史を伺うオーラル・ヒストリー調査を採用した。研究の結果以下が明らかとなった。21店舗の家族経営型店舗は、変化対応型店舗、自然適応型店舗、影響無し型店舗に分類される。時代変化型店舗が対応した商店街の変化としては、女性客の増加、土産目的の増加、人通りの増加であり、一般的な対応としては低価格・小規模商品の新規開発である。自然適応型の店舗は、食べ歩き目的の増加に対応していた店舗であった。影響無し型の店舗は、近隣型商店であり、かつ経営者は高齢、後継者はいないといった状況であり、経営改革に消極的である。結論としては、食料品小売業店舗に関しては商店街の観光地化に適応しているものの、その他の業種に関しては対応は難しい。

In this study, it aims to verify how the family running shops located in Azabujuban in Tokyo have been responding to the changing of shopping surroundings because of urban development and underground opening. Our standpoints are the following three factors:1)classification into three types 1.adaptation with the change of management policy 2.narurally adaptation without the change of management policy 3.no affected 2)lots of shops tend to develop low price products and small products for tourists 3)the older owners who don't have successor are reluctant to management reforms. Conclusion:while the grocery shops tend to adapt the change to touristy area, the other industries are difficult to adapt.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 47(3), 715-720, 2012

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top