ボロノイ分割ネットワークを用いた逐次移動-滞在選択モデル  [in Japanese] Move-Stay Choice Model using Voronoi-based Overlay Networks  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 大山 雄己 OYAMA YUKI
    • 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 The University of Tokyo, Faculty of Engg., Department of Urban Engineering
    • 羽藤 英二 HATO EIJI
    • 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 The University of Tokyo, Faculty of Engg., Department of Civil Engineering

Abstract

本研究ではプローブパーソンデータを用いて,ゾーン内を回遊する歩行者の行動分析を行なった.GPS技術による位置データを基に,従来得られなかった経路や滞在時間を含む詳細な移動活動分析の可能性を示した.こうしたデータの有用性をもとに地区内を移動する歩行者行動を捉え,目的地だけでなくトリップ長,トリップ時間,そして行動範囲そのものが限定的であることを明らかとした.その要因として駐車場が細かく分散して存在することでエントリーポイントと目的地が近くなっていること,また逆にそうした駐車場が歩行者にとって好ましくない環境を生んでいる状況を把握した.さらに逐次的に移動先を選択する歩行者行動モデルをボロノイ分割ネットワークを用いて構築し,分析を行なった.結果,平面駐車場が滞在,移動先の空間どちらにとっても負に働くことが定量的に確認された.歩道幅員や百貨店などが正に働くことからも,駐車場の更新が歩行者の回遊性向上に寄与する可能性を示した.

In this paper, we analyze the effects of spatial aspects in the city center on pedestrian behaviors using the probe person data. Probe person (PP) data enables us to analyze activities of people with location data gotten by GPS (Global Positioning Systems). This research implements 1) the analysis of people activities in the city center, 2) and pedestrian behavior inner zone, 3) and examination of the relationship between spatial aspects and behaviors by estimating the model using voronoi-based overlay networks. As a result, we show that the dispersion and scenery of parking lots in the city center have the bad impact on .pedestrian behaviors.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 48(3), 1107-1112, 2013

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top