地域主導で作成する安全マップの環境改善への活用要件:松山市久米地区における公園改善を事例として  [in Japanese] Key Points to Make Effective Use of Neighborhood Safety Maps for Environmental Improvement:Case Study of a Park Improvement Project in Kume Area, Matsuyama City, Ehime Prefecture  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

児童が巻き込まれる事件の頻発を受け、全国の学校において、犯罪が起こりやすい場所を地図に表す地域安全マップの取り組みが行われているが、その主眼は子どもの危機回避能力向上にあり、環境改善に結びつけられる事例は少ない。そこで、松山市久米地区における公園改善を事例として、安全マップを環境改善につなげるための要件を明らかにすることを目的に研究を行った。同地区は、公民館および公民館長が会長を務める青少年健全育成連絡会を中心とする地域活動が非常に盛んな地区であり、2005年以降の安全マップづくりの成果のひとつとして、犯罪不安の高い高架下の公園にアートパネルを設置する対策に取り組んだ。公園改善プロセスの分析から、安全マップを環境改善につなげるための要件として、安全マップづくりの継続、安全・安心に関する情報の可視化と共有、取り組むべき課題の重点化、課題の客観的な把握、安全マップの視点の多角化の5つを抽出した。

Due to frequent child homicides in early 2000s, most schools make neighborhood safety maps as a tool of safety education. This paper aims to discuss and identify key points to make effective use of these maps for environmental improvement with a case study of a park improvement project in Kume Area, Matsuyama City, Ehime Prefecture. As a conclusion we identified five points; continuous practice of making maps, visualization of local problems, forming local priorities, objectification of the problem and expanding the scope of maps. These points could be emulated by other communities already practicing neighborhood safety maps throughout Japan.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 48(3), 243-248, 2013

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top