土地分有方式を活用した市街地再開発事業に関する研究:住工混在地区の事例を対象として  [in Japanese] A study on the urban redevelopment utilizing a method of completely-detached property ownership:A case study in a residential and industrial mixed land use area  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

都市再開発プロジェクトにおける社会経済情勢の変化に伴い、関係権利の意向もさまざまとなり、従来型の共同化による市街地再開発手法には限界がみえてきたといえる。そこで、本研究では、住工混在地区における再開発事例を取り上げることで、そこで用いられた新たな手法として土地分有方式に着目し、その今後の可能性及び汎用性について明らかにすることを目的としている。これにより、土地分有方式は分有を許容する際に関係権利者が多い中でどの範囲まで許容するかについては慎重な議論が必要である。そして、その汎用性については、地区特性が大きな要因となり、分有を許容する際には地区全体の大義名分や都市計画的な意義が問われるということが明らかとなった。

With the change of socioeconomic conditions concerning urban redevelopment projects, the conventional urban redevelopment metod of right conversion based on the co-ownership has faced the limits. This study aims at investigating the future possibilities of the method of completely-detached property ownership, with the case study of a project in a residential and industrial mixed land use area. We conclude that the method of completing-detached property ownership could be employed by a deliberate policy of combining detached property ownership and co-ownership and an organized Masterplan of the district.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 48(3), 291-296, 2013

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top