アメリカ合衆国におけるホームレスへの政策的取り組みとその実態:ニューヨーク市を事例として  [in Japanese] Policies and support systems for the homeless in New York City, U.S.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、米国の「ケアの継続(Continuum of Care;CoC)」と呼ばれる総合的な支援システムに着目し、海外文献調査とニューヨーク市での現地ヒアリング調査から、ホームレス政策および支援システムとその実態を明らかにすることを目的とするものである。研究の結果、以下のことが明らかとなった。①連邦政府におけるホームレス政策の基本方針、調整組織、プログラムとしてホームレス支援システムを形作るCoCは、組織として、支援領域として、そして地理的に包括性のある総合的なシステムである。②ニューヨーク市では、市域をカバーするCoC組織が行政機関や民間団体、ホームレス当事者等によって組織されており、これに参加するNPOは異なる設立背景や歳入規模、活動分野を持つ。これらの多様なNPOにより、ホームレスを対象とするものだけでなくホームレス問題と密接な関係を持つ社会的弱者の支援プログラムも提供され、それらに対して様々な行政分野からの助成がある。

After several years of its initial response to homelessness, the U.S. government introduced the Continuum of Care (CoC) concept in 1993. The concept has formed a basis for federal homeless policy and has stimulated community-wide coordination of homeless service providers through a local planning body, or a CoC as an entity. A CoC also means a local system of homeless programs and services. This study examines an ongoing situation of the New York City CoC, drawing on interviews with the staff of local key agencies and Internet research. As results, 1) The CoC body is comprised of NPOs with different backgrounds, which provide a wide range of services for the homeless as well as other vulnerable groups receiving funds from different government departments. 2) The CoC is an institutionally, geographically and disciplinary comprehensive support system to end homelessness.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 49(1), 113-119, 2014

    The City Planning Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004567569
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL Article ID
    025882665
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top