オニオコゼ <I>Inimicus japonicus</I> における改良したスパゲティーアンカータグの標識としての有効性と識別可能期間 Effectiveness and Distinguishable Period of Improved Spaghetti Anchor Tag in Devil Stinger <I>Inimicus japonicus</I>, under Artificial Rearing Conditions

この論文にアクセスする

著者

    • 太田 健吾 Ohta Kengo
    • 独立行政法人水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所栽培資源部栽培技術研究室 Stock Enhancement Technology Section, Stock Enhancement Division, National Research Institute of Fisheries and Environment of Inland Sea (FEIS), Fisheries Research Agency (FRA)
    • 島 康洋 Shima Yasuhiro
    • 独立行政法人水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所栽培資源部栽培技術研究室 Stock Enhancement Technology Section, Stock Enhancement Division, National Research Institute of Fisheries and Environment of Inland Sea (FEIS), Fisheries Research Agency (FRA)
    • 渡辺 研一 Watanabe Ken-ichi
    • 独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所栽培技術開発センター栽培技術研究グループ Stock Enhancement Technology Group, Stock Enhancement Technology Development Center, National Research Institute of Aquaculture (NRIA), FRA

抄録

小型種苗に有効な外部標識を開発することを目的に,アンカー部分とチューブの長さを短く改良したスパゲティーアンカータグ標識を作製した。平均全長50~80 mm サイズのオニオコゼに装着して,生残率,成長および標識の残存状況から有効性と識別可能期間を検討した。その結果,平均全長50 mm サイズの小型の種苗でも標識の脱落は認められず,標識残存率は100%を示した。また,同サイズでは装着作業のみに起因する死亡も認められなかった。平均全長60 mm サイズで装着した標識は少なくとも装着後2年間は脱落せず,外部からの識別が可能であることが判った。しかし,20%の個体では装着500日以降,標識の一部が魚体中に埋没し,改善が必要と考えられた。

We investigated the effectiveness and distinguishable period of improved spaghetti anchor tag in young (50 to 80 mm in total length) devil stinger <I>Inimicus japonicus</I>, under artificial rearing conditions. Part of the anchor and tube of a commercial spaghetti tag was cut to make the improved tag. It was clarified that the improved tag could be completely distinguished in the individuals for at least about two years after tagging. Mortality related to tagging was not observed. However, a large portion of the tag was buried in the body of ca. 20% of individuals about 500 days after tagging.

収録刊行物

  • 水産増殖

    水産増殖 58(2), 225-231, 2010

    日本水産増殖学会

各種コード

ページトップへ