福島第一原子力発電所由来の環境放射能に係るリスクコミュニケーション事例のテキスト分析:災害廃棄物の受入地域におけるリスク認知と情報需要  [in Japanese] Risk Communication Study on Radioactive Materials in Environment after the Fukushima Nuclear Power Plant Accident:Risk Perception and Information Demand in Regions Accepting Disaster Wastes  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

東日本大震災の津波等で発生した岩手県及び宮城県の「災害廃棄物」の広域処理は、含有される<u>放射能の環境影響</u>に対する住民不安等から、当初予定よりも受入地域が広がらず、受入時期にも遅れが生じた。本稿では、受入自治体の<u>住民のリスク認知と情報需要</u>について、自治体によるアンケート結果等のテキスト分析から明らかにするとともに、自治体主催の説明会やホームページ等を通じて提供された情報との共通点と相違点を分析する。また、安全・安心のための合理的選択支援の観点から、専門家やメディエータの役割、納得性の高い<u>効果的なリスクコミュニケーション</u>の要件について考察する。

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2013s(0), 17, 2013

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top