使用済燃料プール自然冷却システムの開発:(3)放熱器伝熱特性評価 Development of passive cooling system for spent fuel pool:Evaluation of thermal characteristic for heat radiator

この論文にアクセスする

著者

抄録

外部電源無しで使用済燃料プールが冷却できるシステムを開発している。システムの一部である放熱器はフィン付管群と煙突で構成され、自然対流により熱を大気に放出する。自然対流による熱伝達率は小さいため、放熱器が大きくなることが問題となる。そこで、コンパクトな放熱器となる管群構成を検討した。管群の縦方向ピッチをパラメータとした試験により、縦方向ピッチがフィン外径の5倍のとき熱伝達率が単管の1.6倍で最大となる結果を得た。また、試験で得た熱伝達率を用いた、煙突内の空気に生じる浮力と抵抗、伝熱のバランス計算により、1本あたりの伝熱量が最大となる段数を評価した。

収録刊行物

  • 日本原子力学会 年会・大会予稿集

    日本原子力学会 年会・大会予稿集 2013s(0), 255, 2013

    一般社団法人 日本原子力学会

各種コード

ページトップへ