放射線勉強会及び内部被ばく検査における住民の意識調査 Attitude Survey of Residents in Public Meeting on Radiation and in Internal Dosimetry

この論文にアクセスする

著者

抄録

原子力機構では、福島県や茨城県において、住民に対して放射線勉強会を開催している。また、福島第一原発周辺の住民を中心に内部被ばく検査を実施している。両者において住民のアンケート調査を実施し、不安・心配に思うこと、福島原発事故前の放射線に対する情報の接触状況、情報源、情報提供のあり方等を把握することができた。ここでは、アンケート結果を基に、勉強会に参加した茨城県民、福島県民、及び、内部被ばく検査の受検者の意識を比較検討する。

収録刊行物

  • 原子力学会予稿集

    原子力学会予稿集 2013s(0), 14, 2013

    一般社団法人 日本原子力学会

各種コード

ページトップへ