福島原子力事故由来のフォールアウトによる原子力施設における資材等への影響評価について:( I )フォールアウトガイドラインに基づく東海発電所でのクリアランス検認測定  [in Japanese] Consequence Analysis of Fallout from Fukushima Nuclear Accident onto Materials in the Nuclear Facilities:( I )Clearance Verification in Takai Power Station according to the Fallout Guideline  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

福島第一原子力発電所事故により大気中に放射性物質が放出され、原子力施設内の資材等でもフォールアウトが検出されている。この状況下におけるクリアランス作業等における取扱いを定めたガイドラインが発出され、具体的な取扱いが示されたことから、クリアランス処理作業を再開した。東海発電所におけるフォールアウトのクリアランス検認測定結果への影響が軽微であることについて報告する。

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2013s(0), 477, 2013

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top