福島第一原発事故後の住家の空間線量率低減を目的とした遮へい材の効果  [in Japanese] Effect of shieldings on air dose rate reduction inside resident's house after the Fukushima nuclear accident  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

東京電力福島第一原子力発電所事故により汚染された地域の住民の被ばく線量を低減することを目的として、7軒の住家内で2mm厚の遮へい材3種類の空間線量率低減効果を調べた。いずれの遮へい材でも散乱線/直接線(S/U)の線量率比が大きいほど遮へい効果が大きく、最大27%まで線量率を低減させることができた。

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2013s(0), 627, 2013

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top