福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立:(2)放射性物質の第3次分布調査結果  [in Japanese] Study on Distribution and Migration of Radioactive Substances around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant:(2) Radiation monitoring and Mapping of the radioactive substances distribution  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

福島第一原発から100km圏内を対象に、第3回目となる分布調査を行った。<br>5kmメッシュでin-situ核種分析測定を行うとともに、1kmメッシュでサーベイメータによる測定を行い<br>より精緻な空間線量率分布マップを作成した。<br>また、1次や2次調査結果との比較により、空間線量率の変化傾向を調べ、考察した。

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2013s(0), 651, 2013

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top