福島市の大気粒径別137Cs濃度変化を考慮した公衆の内部被ばく線量評価  [in Japanese] Evaluation of internal doses for members of the public considering time series concentrations of particle-size 137Cs in the Fukushima city atmosphere  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 波戸 真治 Hato Shinji
    • 日本原子力研究開発機構 安全研究センター|茨城大学|株式会社ヴィジブルインフォメーションセンター Japan Atomic Energy Agency, Nuclear Safety Research Center|Ibaraki University|Visible Information Center,Inc.
    • 木名瀬 栄 Kinase Sakae
    • 日本原子力研究開発機構 安全研究センター|茨城大学 Japan Atomic Energy Agency, Nuclear Safety Research Center|Ibaraki University

Abstract

福島第一原子力発電所の事故によって放出された137Csの濃度が福島市において2011年3月28日から2012年4月3日まで、塚田らによって実測されている。<br>本研究では、この実測データから一般公衆が137Csを吸入し続けた場合の内部被ばく線量を、日本原子力機構で開発された内部被ばく線量評価コードを使用して行う。<br>

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2013s(0), 678, 2013

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top