サイズ分画およびXRDを通した土壌への137Cs取り込みメカニズムの解明  [in Japanese] Understanding the capturing mechanism of 137Cs in soils through size fractionation and XRD  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 牧野 久識 Makino Hisashi
    • 東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻 Department of Nuclear Engineering and Management, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
    • 斉藤 拓巳 Saito Takumi
    • 東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻 Department of Nuclear Engineering and Management, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
    • 田中 知 Tanaka Satoru
    • 東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻 Department of Nuclear Engineering and Management, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo

Abstract

福島第一原子力発電所の事故により、環境中に<sup>137</sup>Csが放出され,その多くが土壌に取り込まれている.本研究では,有機物を除去した土壌鉱物に対してサイズ分画を行い,さらにそれぞれのサイズ画分に対してX線回折による分析を行った.これにより得られた土壌中の鉱物含有率と,前回大会で発表した逐次抽出に関する結果のうち,強酸溶解性画分に含まれた<sup>137</sup>Csの量との関係を調べることで,土壌中のどの鉱物がCsの吸着を支配するかを明らかにする.さらに,今回の結果と逐次抽出の結果とを合わせ,様々な土壌の特性との相関を評価する.

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2013s(0), 553, 2013

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top