茨城県の大気及び土壌環境中で観測された福島第一原発事故由来の放射性物質  [in Japanese] Radioactive nuclides in atmospheric and soil environment in Ibaraki prefecture following the accident of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

福島第一原発事故直後から,茨城県内の空間放射線量率や環境試料中の放射性物質濃度を測定するなど,事故影響調査を行ってきた。そのうち本報では,大気と土壌の放射性物質濃度,及び空間線量率の推移をまとめるとともに,放射性物質の土壌への沈着・移行・減衰について,考察を行ったものである。

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2013s(0), 645, 2013

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top