監視カメラシステムにおける最適カメラ配置探索シミュレーション  [in Japanese] Camera Arrangement Optimization and Simulation in Surveillance Camera System  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

近年、セキュリティの重要性から種々のカメラシステムが開発・設置されている。その中で、複数のカメラを同期・協調し、一つのシステムとして使用するのが効果的とされている。これらのカメラシステムでは、設置場所の制約やコスト面などから、設置可能なカメラの台数が限られる。そのようなことから、より少ないカメラで、的確な情報を得ることがシステム構成において重要である。本研究では必ずしも最適解に到達する保証はないが、最適解か近似解に到達できるヒューリスティックな組合せ探索法を提案し、監視カメラシステムにおける効率的なカメラ配置を導出する。また、微視的道路交通シミュレータMITRAMを用いて、車両の監視・把握の特性をコンピュータ上で解析し、カメラ配置を決定する。

Recently, various camera systems have been developed and installed for security. It is generally accepted that use of multiple cameras each of which are synchronized and cooperated is effective. In such camera systems, the number of camera installed in the field is limited due to space and cost. Thus, to obtain useful information using fewer cameras is desired. In this research, we implemented an algorithm to find an efficient camera allocation into a microscopic road traffic simulator which is named MITRAM, and determined the camera allocation.

Journal

  • Proceedings of the Fuzzy System Symposium

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 22(0), 225-225, 2006

    Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics

Codes

Page Top