2010年に東大阪市で捕集された黄砂粒子の個別粒子分析 Individual particle analysis of Asian dust collected in Higashiosaka in 2010

Access this Article

Author(s)

Abstract

2010年に大阪府東大阪市に飛来した黄砂粒子を捕集して、SEM-EDXを用いた粒子の個別粒子分析を行った結果、PM2.5の粒子についてはSi-rich粒子が約90%、Na-rich粒子が約4%、PMcについてはSi-rich粒子が約90%、Na-rich粒子が約6%で、Si-rich粒子の中でもSi-Na粒子の占める割合が比較的多かった。

Journal

  • Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 57(0), 196-196, 2010

    GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN

Codes

Page Top