ハプト藻の長鎖アルケン組成の多様性  [in Japanese] The variation in long-chain alkenes composition in alkenone-producing Haptophytes  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

アルケノンはハプト藻の一部の種が生産する長鎖不飽和アルキルケトンであり,生育温度に応じて不飽和度が変化する性質を利用して古水温指標として応用されてきたが,その生合成経路や生理学的な機能は未解明である。アルケノン合成種からは炭化水素である長鎖アルケンも報告され,その構造から生化学的にアルケノンと関連性の高い化合物であると考えられている。本研究ではアルケノン合成種である <I>Emiliania huxleyi, Gephylocapsa oceanica, Isochrysis galbana, Chrysotila lamellose</I> に加えて, <I>Pleurochrysis carterae</I>などのアルケノン非合成種8種のアルケノンおよび長鎖アルケン分析の結果を報告し,長鎖アルケンの先行研究をレビューしながらその地球化学的な応用の可能性を議論する。

Journal

  • Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 59(0), 182, 2012

    GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN

Codes

Page Top