大阪平野地下水へのヘリウムの蓄積に関する研究(ヘリウム同位体による地下水年代測定の精密化に向けて)  [in Japanese] Studies on helium accumulation into groundwater in the Osaka sedimentary basin: towards an improvement of groundwater dating  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

ヘリウムによる地下水年代測定を行う上での課題は,帯水層へのヘリウムの蓄積速度が帯水層ごとに異なることにある.地下水中へのヘリウムの蓄積は,帯水層岩石中のU・Th系列核種のα壊変により生成される?SUP?4?/SUP?Heに加えて,深部からのヘリウムフラックス量の見積もりが必要とされる.大阪平野浅層から深層にいたる地下水を対象にヘリウム濃度・同位体の分布を把握した結果,堆積盆地最下部の温泉帯水層には深部から上昇したヘリウムが蓄積されていると思われるのに対し,上部の帯水層に賦存する大多数の地下水には帯水層起源のヘリウムのみ蓄積されていることがわかった.

Journal

  • Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 59(0), 239, 2012

    GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN

Codes

Page Top