KR13-02調査航海で得られた南鳥島周辺における高濃度レアアース泥の空間分布と化学的特徴  [in Japanese] Spatial distribution and chemical characteristics of REE and Y-rich mud around Minami-Torishima: Results from KR13-02 research cruise  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

発表者らは,2013年1月21日から31日に,JAMSTECの深海調査研究船「かいれい」によるKR13-02調査航海 (首席:飯島耕一) を行い,サブボトムプロファイラーを用いて海底下浅部の構造を調査すると共に,ピストンコアラー(最大採泥管長20m)を用いて7本の堆積物コア試料を採取した。本発表では,得られた結果について詳細に説明し,レアアース泥の生成プロセスについて議論を行いたい。

Spatial distribution and chemical characteristics of REE and Y-rich mud around Minami-Torishima

Journal

  • Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 60(0), 210, 2013

    GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN

Codes

Page Top