易解体設計評価ツールを用いた資源価格による最適解体手順の変化の分析  [in Japanese] The effect of resource prices on optimal disassembly sequence analysed by DfD evaluation tool  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

著者らは、易解体設計の導入による解体プロセスの変化をAND/ORグラフを用い可視化し、解体・リサイクル時の環境負荷削減効果を評価する手法を構築している。本研究では、本手法を用いて、資源価格の変化によって、経済性において最適な解体プロセスの変化を分析することを目的とする。また、評価ツールにクラスタリング手法を統合することで、評価可能な部品点数を大幅に向上させることに成功した。

Journal

  • Abstracts for ILCAJ meeting

    Abstracts for ILCAJ meeting 2009(0), 103-103, 2009

    The Institute of Life Cycle Assessment, Japan

Codes

Page Top