インドネシア、ランプン州のタピオカ澱粉生産のライフサイクルにおける温室効果ガス排出量  [in Japanese] Life cycle greenhouse gas emissions from tapioca starch production in Lampung, Indonesia  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、インドネシア、ランプン州で栽培されたキャッサバを原料にしたタピオカ澱粉生産のライフサイクルにおける温室効果ガス排出量の定量化を試みた。現地のタピオカ製粉工場から得た物質・エネルギー収支や廃水処理過程のラグーンにおけるメタン発生量の測定結果等を基に評価を行い、現在、クリーン開発メカニズム(CDM)として注目されているラグーンからのメタン回収の効果について考察した。

Journal

  • Abstracts for ILCAJ meeting

    Abstracts for ILCAJ meeting 2009(0), 105-105, 2009

    The Institute of Life Cycle Assessment, Japan

Codes

Page Top