新技術導入によるガラスリサイクルシステムの環境及び経済性評価モデルの構築  [in Japanese] Environmental and Economic Evaluation of a New Technology for Enhancing Glass Recycling  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、国内における各ガラス製品のフローを把握し、新技術導入によるガラスリサイクルシステムの環境及び経済性評価モデルの構築することを目的としている。そのために、MFA (Material Flow Analysis)、LCA (Life Cycle Assessment)、CFA (Cash Flow Analysis)といった三つの研究手法を用いている。これまでの研究成果では、2008年の板ガラスの社会蓄積量が3047万トンであると推定された。さらに新技術を導入した際の環境及び経済性評価においては、環境負荷削減効果及びその採算性が確認されている。

Journal

  • Abstracts for ILCAJ meeting

    Abstracts for ILCAJ meeting 2009(0), 48-48, 2009

    The Institute of Life Cycle Assessment, Japan

Codes

Page Top