亜鉛を考慮した世界大でのカドミウムの物質フロー分析  [in Japanese] Substance Flow Analysis of Cadmium in the World Associate with Zinc Flows  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

カドミウムは毒性が強く、近年EUが施行したRoHS指令など、先進国を中心にカドミウムの需要は減少傾向にある。一方、カドミウムは亜鉛の併産物であり、カドミウムの需給バランスを考慮するためには、それに伴う亜鉛のフローを考える必要がある。また、今まで世界規模でカドミウムのフローを併産の関係も含めて分析した研究は存在しない。そこで、本研究では、亜鉛も考慮した世界大でのカドミウムのマテリアルフローを分析することを目的とする。

Journal

  • Abstracts for ILCAJ meeting

    Abstracts for ILCAJ meeting 2010(0), 76-76, 2010

    The Institute of Life Cycle Assessment, Japan

Codes

Page Top