アルミニウムの循環利用によるCO2排出量削減効果の推計  [in Japanese] Future CO2 emission reductions encouraged by aluminum recycling  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究ではアルミニウムのMFAに基づいたリサイクルフローの最適化によって将来の欧州、米国、中国、日本各地域における新地金需要を推計し、その生産に伴うCO2排出量を推計する。将来シナリオでは次世代自動車やスクラップソーティングなどの各技術の導入によってもたらされるCO2排出量の変化を推計する。また、推計においてはCO2排出原単位の地域差を考慮し、地金生産国における電力生産等のプロセスに対する考察をおこなう。

Journal

  • Abstracts for ILCAJ meeting

    Abstracts for ILCAJ meeting 2011(0), 120-120, 2011

    The Institute of Life Cycle Assessment, Japan

Codes

Page Top