エコポイント制度に対する消費者行動の変化  [in Japanese] The Changes in Consumer Behavior for the Eco-point System  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

2009年5月から2011年3月にかけて実施された「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業」は,エコラベルによる商品選択に金銭的な価値評価を与えたという意味で極めて興味深い政策である。この制度によって,グリーンな消費に対する経済的インセンティブが与えられた結果,エコラベルもより広く認知されるようになった。本研究では,どのような消費者がどのようにどのくらいエコポイント制度に対して反応したかをきめ細かく分析することにより,今後のエコラベル制度の在り方とその活用法について考察を行う。

Journal

  • Abstracts for ILCAJ meeting

    Abstracts for ILCAJ meeting 2011(0), 133-133, 2011

    The Institute of Life Cycle Assessment, Japan

Codes

Page Top