木材の国産資源の活用による環境保全効果の評価  [in Japanese] Evaluation of the environmental conservation effect by utilization of domestic wood  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 村野 昭人 Murano Akito
    • 東洋大学 理工学部 都市環境デザイン学科 Toyo University, Faculty of Science and Engineering, Department of Civil and Environmental Engineering
    • 高瀬 浩二 Takase Koji
    • 静岡大学 人文学部 経済学科 Shizuoka University, Faculty of Humanities and Social Sciences, Department of Economics

Abstract

わが国の森林面積の40%は人工林であり,それら林地の樹木は伐採時期を迎えている。しかし林業の低迷から,国産木材は十分に利用されていない。同じ樹木でも40年生程度のものが成長によるCO2吸収が活発と言われることから,国産材を有効利用し林地の高齢化を防ぐことは地球温暖化問題にも貢献する。本研究では住宅用建材の国産化と輸入代替によって,海外の森林保全と国内森林の若返りにもたらされる効果の大きさとその環境保全効果を試算する。

Journal

  • Abstracts for ILCAJ meeting

    Abstracts for ILCAJ meeting 2011(0), 32-32, 2011

    The Institute of Life Cycle Assessment, Japan

Codes

Page Top