医中誌WebからOPAC、リンクリゾルバへのリンクの現況 The Current Aspect of Links to OPAC and Link Resolver from Ichushi-Web.

Access this Article

Author(s)

Abstract

二次情報データベースにおいては、検索結果から一次情報へのナビゲーションが非常に重要である。また、昨今、国内でも徐々に学術論文の電子化が進み、DOIなど文献ごとに固有の識別子を使用したリンクと共に、OpenURLによるリンキングが定着しつつある。医中誌Webでは、2006年2月より電子ジャーナル等へのリンクやOPAC、リンクリゾルバ等への機関ごとのリンク設定が可能となった。本稿では、医中誌WebからOPAC、リンクリゾルバへのリンクの状況、また、OpenURLの普及状況についてまとめる。

Journal

  • Preprints of the Information Professional Symposium

    Preprints of the Information Professional Symposium 2008(0), 115-119, 2008

    Information Science and Technology Association

Codes

Page Top