機能的電気刺激を用いたローイングマシーンの開発  [in Japanese] Development of FES Rowing Machine  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

脊椎損傷などで対麻痺の状態にある患者のリハビリテーションを目的にして、全身運動であるローイング動作を行うための機器を設計開発した。特長は、機能的電気刺激を併用することで、患者の残存機能である麻痺筋を活用するためリハビリテーションの効果が大きい。

Journal

  • Proceedings of the Japan Joint Automatic Control Conference

    Proceedings of the Japan Joint Automatic Control Conference 50(0), 41-41, 2007

    The Japan Joint Automatic Control Conference

Codes

Page Top