弾性率分布の定量的測定のための磁気共鳴弾性率測定システムの改良  [in Japanese] Improvement of Magnetic Resonance Elastography System to Measure Quantitative Shear Moduli Map  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

生体組織の弾性率分布を非侵襲的かつ定量的に測定する手法としてMR Elastography (MRE)法が提案されている。MRE法は物体外部から微小振動を加えることで、対象内部に発生する弾性波をMRIによって可視化し、得られた弾性波分布から弾性率分布を測定する。弾性率分布を高空間分解能で定量的に測定するためには、弾性波画像を従来よりも高い信号対雑音比(SNR)で3次元的に測定する必要がある。本研究では縦波発生用外部加振装置の振幅向上によるSNRの向上とMRE撮影法の高速化による弾性波画像の3次元測定について報告する。

Magnetic resonance elastography (MRE) is a method that can visualize the shear waves in an object using an external vibration system. To measure shear moduli map quantitatively in high spatial resolution, we improved external vibration system and developed spin-echo type EPI-MRE pulse-sequence.

Journal

  • NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan

    NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan 57(0), 192-192, 2008

    National Committee for IUTAM

Codes

Page Top