ドリフト波と新古典テアリングモードのマルチスケール相互作用の研究  [in Japanese] Multi-scale interaction between drift wave and neoclassical tearing mode  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

MHDと乱流間の相互作用の研究は重要であり、近年、核融合のシミュレーション研究においてもmulti-scaleシミュレーション研究として注目を浴びている。特に、新古典テアリングモードは国際熱核融合実験炉ITERにおいても重要な物理研究課題と考えられており、線形理論では安定であるが非線形過程によって励起されるため、励起機構研究の進展が待たれている。今回、線形理論では安定であるテアリングモードが乱流の存在下でどのような非線形発展をするかをシミュレーションにより研究した。その結果、もしドリフト波との結合が強ければ亜臨界励起は起こらないことが明らかとなった。現在、multi-helicityのシミュレーションを開始しており、プラズマ乱流が磁気島の種に成りうるかどうかを調べている。この結果は会議で報告する予定である。

Recently, study on the multi-scale interaction among MHD and plasma turbulence is a hot topic in the fusion simulation research. Especially, the neoclassical tearing mode(NTM) is an important physical issue in the International Thermonuclear Experimental Reactor(ITER). It is linearly stable and nonlinearly excited so that the mechanism of sub-critical excitation should be understood. In this study, the evolution of linearly stable tearing mode under the plasma turbulence is study by nonlinear simulation. It is found that the neoclassical tearing mode will be sub-critically excited if the coupling between the drift wave is weak. The simulation with multi-helicity is in progress to investigate whether the plasma turbulence will generate the island seed or not. The result will be reported in the conference.

Journal

  • NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan

    NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan 57(0), 220-220, 2008

    National Committee for IUTAM

Codes

Page Top